横溝菜帆の年齢、出身、演技力は?2018夏ドラマ『義母と娘のブルース』の子役(みゆき役)

2018夏ドラマ『義母と娘のブルース』のみゆき役に抜擢された横溝菜帆ちゃんについて調べてみたいと思います。横溝菜帆ちゃんの、年齢、出身、演技力についてまとめてみました!

今年(2018年度)の火曜10時〜11時放送の夏ドラマ、『義母と娘のブルース』で主演の竹野内豊の娘である、みゆき役に応募された277人の女の子たちの中から、6度にわたるオーディションの末選ばれたのが横溝菜帆ちゃんです!

そんな彼女なのですが、彼女の演技の実力はどうなのでしょうか?

今回の記事では以下の内容についてまとめたいと思います!

  • 横溝菜帆ちゃんのwikiプロフィール
  • 横溝菜帆ちゃんの主な出演作品は?
  • ドラマ『義母と娘のブルース』のあらすじや横溝菜帆ちゃんの役どころ
  • 横溝菜帆ちゃんの演技力は?

横溝菜帆ちゃんのwikiプロフィール!年齢や身長は?

横溝菜帆ちゃんのプロフィール

[aside type=”yellow”]

プロフィール

生年月日:2008年03月27日
出身地:神奈川県
身長:125.0cm
年齢:11歳
趣味 特技:フラダンス
星座:牡羊座
[/aside]

菜帆ちゃんの2018年6月現在の年齢は10歳の小学5年生です。

身長は125cmということですが、身長は比較的にちっちゃめだとおもいます。ちなみに、菜帆ちゃんは現在10歳2ヶ月(2018年6月現在)で、10歳2ヶ月の女の子の平均身長を調べたところ、140cmです。なので、平均身長よりやや小さめですね。

横溝菜帆ちゃんが所属する事務所は「テアトルアカデミー」とのことですが、テアトルアカデミーは大手の子役芸能プロダクションで、有名な子役さんが多く所属していることでも有名です。

例えば、鈴木福くんや小林星蘭ちゃんも所属しています。

横溝菜帆ちゃんの主な出演作品&芸歴は?

出演作品&芸歴

<映画>

実写版映画『魔女の宅急便』キキ(幼少期)役

魔女の宅急便実写版

<ドラマ>

●フジテレビ『世にも奇妙な物語 ’17春の特別編『一本足りない』』綾子(幼少期)役
●NHK『精霊の守り人』バルサ(幼少期)役
●TBS『37.5℃の涙』第7話/安西香蓮役
●フジテレビ『若者たち』新城寿々役
●テレビ朝日『死神くん』第8話/麗香役
●NHK『平清盛』滋子(幼少期)役

<CM>
●味の素『クノール カップスープ』
●『丸亀製麺』
●グリコ『ポッキー』
●『ケンタッキーフライドチキン』
●ファンケル『無添加スキンケア』
●マクドナルド『チキンマックナゲット』
●トヨタ『ポルテ』
●ヤマザキナビスコ『オレオ』
●花王『メリット』

CMの一例

 

これらは横溝菜帆ちゃんの主な出演作ということで、出演作品の一例として載せているだけなのですが、今まで出演されたものの全てではないということが驚きですね!

若干9歳(2018年現在)の女の子で、この芸歴とは将来も楽しみですね。

ちなみに、NHK大河ファンタジー「精霊の 守り人」では、第1話は、綾瀬はるかさん演じるバルサの幼少期を演じました。

ちなみに、綾瀬はるかさんとはもう既に共演されているみたいなのですが、まもなく放送される『義母と娘のブルース』では、又々綾瀬はるかさんと共演することになっています。

ドラマ『義母と娘のブルース』のあらすじや横溝菜帆ちゃんの役どころ

277人の子役たちが応募したという『義母と娘のブルース』のみゆき役。

どのような役どころなのでしょうか?

そして、『義母と娘のブルース』はどのようなストーリーなのでしょうか?

『義母と娘のブルース』は漫画がベース!

ドラマ『義母と娘のブルース』は桜沢 鈴さん原作の(ぶんか社コミックス) コミックスがベース!

引用:tbs.co.jp

『義母と娘のブルース』がドラマ化!あらすじは?

綾瀬はるかさん演じるキャリアウーマン亜希子が、娘を持つ良一(竹野内豊)と結婚して義母になり、慣れない家事や育児に奔走して家族と過ごす10年間を描いく、ほっこりする癒し系のストーリーです。

亜希子と結婚する子持ちのサラリーマン宮本良一役は、竹野内豊さん。

TBSの連続ドラマは2012「もう一度君に、プロポーズ」以来6年ぶりの出演になります。

娘役は、原作では最初小学生ですが、その後高校生・大学生、大人へと成長していく設定になっています。

横溝菜帆ちゃんが演じる小学生の娘役は、その後高校生、大学生、大人と成長していく設定になっているのですが、高校生からの娘役を誰が演じるのかにも注目ですね!

横溝菜帆ちゃんが演じるみゆき役はどんな役?

竹野内豊さんが演じる良一の8歳の娘みゆき(小学校時代)を演じるのが横溝菜帆ちゃんです。

(左)主人公・岩木亜希子を演じる綾瀬はるか
(右)綾瀬演じる亜希子にプロポーズする宮本良一役の竹野内豊

引用:tbs.co.jp

みゆきは、実の母親が病死し、亜希子(綾瀬はるか)を義母として迎える。

みゆきの父親の良一(竹野内豊)は亜希子のライバル会社の営業マンで、平凡だが、正直者で癒し系な父親。

横溝菜帆ちゃんは今まで主演役の幼少期などを演じたりするのが多かったのですが、今回は重要な役どころを取得されましたね!

横溝菜帆ちゃんの演技力はすごい!

横溝菜帆ちゃんはもともとCMなどで可愛いという事が有名でしたが、ドラマや映画では主演たちの幼少期を演じることが多かったので、大役はあまりされていなかったみたいですね。

ですが、最近でいうと、映画「兄に愛されすぎて困ってます」で土屋たおさんが演じる橘せとかの幼少期で話題になっています。

土屋太鳳 さんとのツーショット!

引用:twitter

『義母と娘のブルース』では主演の竹野内豊の娘役であり、綾瀬はるかさんが演じるキャリアウーマンの岩木亜希子が母親になるという事なので、横溝菜帆ちゃんが演じる宮本みゆき役は主演の一人とも言える大きな役ですね。

そんな主演とも言える役に6度に渡るオーディションで277人の中から娘役に選ばれたという事なので、凄い逸材をお持ちなのでしょうね!!

可愛さだけではなく、演技でも勝負ができる素敵な子役さんです。ドラマ『義母と娘のブルース』の出演で、これからの活動が増える事を願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です