芳根京子の年齢・身長・性格・学歴等Wikiプロフィール!難病の噂は本当?人気の理由も!

2016年のNHK朝ドラ『べっぴんさん』で主演を務めて一躍人気となった芳根京子(よしねきょうこ)さん。芳根京子さんについて知りたい!という方のために、年齢、身長、性格等、芳根京子さんのプロフィールをまとめてみました。過去に難病にかかっていたという噂や芳根京子さんの人気の理由にも迫ってみたいと思います。

芳根京子(よしね きょうこ)Wiki風プロフィール

出典:instagram

名前:芳根京子(よしね きょうこ)

誕生日:1997年2月28日(21歳/2018年現在

出身:東京都

身長:159㎝

血液型:A型

所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

苗字の読み方は「よしね」、とても珍しいお名前ですよね。全国でも100人もいない苗字だそうです。

そして、芳根京子さんのニックネームは「きょんきょん」「きょんちゃん」「きょん」「きょーちゃん」とのこと。

ご本人がブログで語ってました↓

Q.京子ちゃんはアダ名とかあるのかな?
勝手にきょんきょんとかきょんちゃんって呼んでるけど(^_^;)
好きな呼ばれ方あれば教えてね!
A.▷今は友達からもきょんちゃん、きょんきょん、きょん、きょーちゃんって呼ばれてます!呼びやすい呼び方で呼んでください♡

出典:芳根京子ブログ

芳根京子さんの身長は159cm。体重は非公開となっています。

料理・お菓子作り・犬の散歩が趣味だという芳根京子。

特技は幼稚園から習っていたピアノに、小学校の頃からから習っていたフルートという、音楽の才能も持ち合わせた芸術肌な女性のようですね。

京子さんは行動的で、休日には遊園地に行ったり、一人カラオケに行くこともあるのだそう。

芸能界デビューのきっかけは?

芳根京子さんは、東京都出身で、都立高校在学中のとき、友達に誘われて行った遊助さんのライブ会場でスカウトされたことがきっかけで芸能界入りしました。

デビューしたのは2013年で、所属事務所はジャパン・ミュージックエンターテインメントです。

芸能界入りのきっかけとなった遊助(上地雄輔)さんが、事務所の先輩となりました。

当初通っていた都立高校は、芸能活動についての校則が厳しかったそうで、転校し最終的には通信制の学校を卒業しています。

芸能活動が順調にいきドラマからも映画からも引っ張りだこ状態の現在、大学進学はされていません

将来、必要性を感じた時にはまた大学進学の道を選ばれることがあるかもしれませんね。

芳根京子さんの性格は?

京子さんの性格は、 一途に頑張ることができる粘り強い性格 だと想像できます。

転校してまで芸能界デビューに本気に取り組んだことや、大学には進学せず、芸能界の道一本でと本気で決断していることからもそんな性格がわかります。

普通の高校生だったら、遊びたい時期、相当の意志の強さがなければこんな決断やできないですよね。

芳根京子さんが難病を患っていたって本当?

年間10万人に1~2人程度が発症し重症の場合は死亡例もある、そう聞いただけでも怖くなる難病の一種ギランバレーと呼ばれる難病。

筋肉を動かす運動神経が損傷し、四肢に力が入らなくなってしまうという病気です。

細菌やウイルス感染が引き金となって発症する可能性が高いが、原因は特定されていないことからも難病扱いされている病気です。

そのギランバレー病を芳根京子さんが患ったことがあるという噂があります。

どうやらその噂は本当のようです。

中学二年生の時に「ギランバレー症候群」という難病を患い「力が入らなくなる」症状に悩み「1年間くらいは普通に学校に通うことが難しい時期はありました」

出典:芳根京子さんコメント〜Oricon News

 

病気を発症した中学二年生の時から1年間は休学して治療に専念していたようです。

病気が完治して復学すると、リハビリの成果なのか持久走で学校一速くなっていたという驚きも経験したそうです。

現在は完治して再発もしておらず、健康体の芳根京子さん、本当によかったですね。

闘病中は笑うことさえ難しい状況だったそうですが、人と積極的にコミュニケーションをとることで病気に心が負けないように頑張っていたのだそうです。

そんな辛い闘病中のことも、精神力を高めるきっかけとなったと前向きに語る京子さん。

「少ない可能性ですが、この病気で亡くなった方もいると聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました」と振り返ると「お芝居にというか、人として、自分はこんなにも周りの方に支えられているんだと。こんなにも周りの人に見られて普段の生きている中で、周りに対する思いがすごい感じた。そういう経験したからこそ、しっかりと自分を持とうと考えるようになった」

出典:芳根京子さんコメント〜Oricon News

芳根京子さんの人気の秘密は?

、芳根京子のデビューから3年の輝かしい実績は、そのほとんどがオーディションで勝ち取ったもの。子どものころからスカウトされまくっていた経歴からみても、業界関係者が一目芳根京子を見ると、とたんに彼女に引き込まれてしまうようですね。

ある番組プロデューサーは、芳根京子さんについてこのように語り、漫画『ガラスの仮面』の主人公・北島マヤのような存在だと絶賛しています。

「一見普通に見える女の子なのに 演技をしたとたんたちまち人を引き付けてしまう 

番組プロデューサーでなくとも、芳根京子さんは周りにオーラや魅力を感じさせるようです。

そのパワーといったら、オーディションで芳根京子さんに出会った女の子たちの、オーディション会場での戦意を一気に無くさせてしまうほどなのだそう。

”オーディション荒らし”とまで言われたことがあるそうですが、やはり魅力は光るものなのですね。芳根京子さんの演技にもそんな素晴らしい魅力を感じることができます。

芳根京子 過去の出演作品

https://twitter.com/YoshineKyoko/status/1002751140461572096

2013年の篠原涼子主演の「ラスト♡シンデレラ」で芸能界デビュー。

その後、「リーガル・ハイ スペシャル」「仮面ティーチャー」「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」「花子とアン」「探偵の探偵」「表参道高校合唱部!」など、わずか3年で数々の有名ドラマに出演し女優としての実績を積みました。

映画作品にも多数出演し、2014年公開の「物置のピアノ」では主役に抜擢され、ももいろクローバーZ主演の「幕が上がる」、常盤貴子主演の「向日葵の丘・1983年夏」、「先輩と彼女」などに出演しています。

芳根京子出演作品まとめ

《ドラマ》

2013.4.11〜 CX「ラスト・シンデレラ」武内咲 役

2013.7.6〜 NTV「仮面ティーチャー」小松七海 役

2013.10.3〜 YTV「ハクバノ王子サマ」北凉子 役

2014.7.31 NHK「スマホ・リアル・ストーリー」

2014.8.28 NHK 連続テレビ小説「花子とアン」宮本富士子 役

2015.7.9〜 CX「探偵の探偵」紗崎咲良 役

2015.7.17〜 TBS「表参道高校合唱部!」香川真琴 役

2016.3.14,21 CX「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」明日香 役

2016.6.25,26 CX「モンタージュ 三億円事件奇譚」小田切未来 役

2016.10.3〜 NHK 連続テレビ小説「べっぴんさん」ヒロイン 坂東すみれ 役

2017.4.16〜 TBS 日曜劇場「小さな巨人」三島祐里役

2018.1.15〜 CX「海月姫」倉下月海役

2018.3.28〜 WOWOW「連続ドラマW イノセント・デイズ」佐渡山瞳役

《映画》

2014.8.23〜 「物置のピアノ」宮本春香 役(監督 似内千晶)

2015.2.28〜 「幕が上がる」袴田葵 役(監督 本広克行)

沖縄国際映画祭出品作 「U.F.O.〜  Ushimado’s Fantastic Occurrence」スズネ 役(監督 藤原知之)

2015.8.22〜 「向日葵の丘 -1983年夏-」多香子 役(監督 太田隆文)

2015.10.17〜 「先輩と彼女」都築りか 役(監督 池田千尋)

2016.5.7/6.11〜 「64 -ロクヨン- 前編/後編」三上あゆみ 役(監督 瀬々敬久)

2017.7.22〜  「心が叫びたがってるんだ。」(監督 熊澤尚人)

2017.8.26〜  「わさび」(監督 外山文治)

2018.3.21〜  「ボス・ベイビー」ティム役(日本語吹替版声優)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です