義母と娘のブルース一話ロケ地のアスレチックパーク・スカイウォークは何処?滋賀県大津市?

綾瀬はるかさんが主演を務める『義母と娘のブルース』、略して『ぎぼむす』。

今年(2018年度)の火曜10時〜11時放送の夏ドラマの『義母と娘のブルース』の第一話がやっと7月10日(火)に公開されます。

ということで、今回の記事では第一話に出てくる数多くのロケ地の中からアスレチックパークについて調べてみました。

『義母と娘のブルース』のあらすじ

7月からのTBS夏ドラマ「義母と娘のブルース」が毎週火曜日22時~放送します。

あらすじ

綾瀬はるかさん演じるキャリアウーマン亜希子が、娘を持つ良一(竹野内豊)と結婚して義母になり、慣れない家事や育児に奔走して家族と過ごす10年間を描いく、ほっこりする癒し系のストーリーです。

亜希子と結婚する子持ちのサラリーマン宮本良一役は、竹野内豊さん。

TBSの連続ドラマは2012「もう一度君に、プロポーズ」以来6年ぶりの出演になります。

娘役は、原作では最初小学生ですが、その後高校生・大学生、大人へと成長していく設定になっています。

綾瀬はるかが、バリバリのキャリアウーマンから、一児の母の専業主婦へ8歳の娘相手に、

ビジネス用語を多用するセリフに笑い、家族愛に泣ける暖かいストーリーです。

 

義母と娘がバトルしながら、家族になっていく10年間のドラマです。

 

義母の亜希子を演じる綾瀬はるかさん▼

 

娘のみゆきを演じる横溝菜帆ちゃん▼

 

父の良一役の竹野内 豊さん▼

 

バイク便の仕事をするダメ男を演じる佐藤健さん▼

 

そして、5月下旬から、撮影ロケ地で『義母と娘のブルース』の撮影が

クランクインしているみたいです。

 

第一話で父親の良一と娘のみゆきが遊びに行くアスレチックパーク。

そのアスレチックパークのロケ地に迫りたいと思います。

『義母と娘のブルース』第一話アスレチックパークのシーン

予告編を見た所、一話のシーンの一部だと思われるアスレチックパークでの

シーンがあることがわかりました。

こちらの楽しそうなシーンが撮影されたロケ地に迫りたいと思います。

 

 

『義母と娘のブルース』第一話のロケ地:アスレチックパークはどこ?

アスレチックパークとだけ言われば日本中に数多くあるのではないでしょうか。

そして、調べてみた所、ツイッターであるツイートを見つけました。

滋賀通信によれば、滋賀県で綾瀬はるか出演『義母と娘のブルース』のエキストラ

が募集されていたみたいです。

さらに、又々滋賀県の通信らしきツイッターアカウントからのこちらのツイート。

 

滋賀県、大津市にてのアスレチック施設で遊ぶ人たちの役を演じる

エキストラが募集されています。

 

ということで、第一話に出てくるアスレチックのロケ地が

滋賀県、大津市内であることが明らかになりますね。

『義母と娘のブルース』アスレチックのロケ地は滋賀県の琵琶湖バレー!

滋賀県に住む私の知り合いによれば、滋賀県大津市の琵琶湖バレー内にある、スカイウォークというアクティビティー施設で撮影が行われていたみたいです。

そうです!

『義母と娘のブルース』に出てくるアスレッチックの施設は

滋賀県、大津市の琵琶湖バレーなのです。

 

琵琶湖バレーってどんな所?と思われる方は多いと思うので紹介しますね!

琵琶湖バレーはロープウェイで山に登り、そのてっぺんから

唯一琵琶湖一面を見渡すことができる施設です。

▼ロープウェイで山のてっぺんに向かう様子

冬にはスキー場としても使われています。

 

▼スカイウォーク

琵琶湖バレーのスカイウォークは高い所から琵琶湖一面が見渡せる自然&景色が素敵な施設です。

本当に素敵そうなところですね。お天気が良ければ最高なひと時が過ごせそうですね。

 

因みにお値段は・・・?

  • 大人:3200円から〜
  • 子供:1600円から〜

詳しくはこちらからどうぞ!

まとめ

  • 『義母と娘のブルース』の第一話に出てくるアスレチックパークは滋賀県大津市琵琶湖バレー内のスカイウォーク!
  • スカイウォークは琵琶湖一面見渡せる自然&景色抜群の素敵なところ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です